睡眠不足

杉花粉症などの緒症状(鼻みず、鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが引き金となって慢性の睡眠不足に陥り、次の日起きてからの業務の遂行に思わしくない影響を及ぼすこともあります。
塩分と脂肪分の摂り過ぎを中止して簡単な運動を心がけ、ストレスを蓄積しすぎない毎日を続けることが狭心症を招く動脈硬化を事前に防ぐポイントなのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、人体の中の脂肪が占有している割合のことであり、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(キログラム)÷体重(weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で分かります。
今時の病院の手術室には、手洗い場や器械室、手術準備室を作り、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を準備するか、そうでなければ近距離にレントゲン撮影のための専門室を用意するのが一般的である。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する長期間に及ぶ後追い調査の結果において、大人に比べて体の小さい子供のほうが拡散した放射能の被害をより受けやすいことがわかっているのです。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通ならば人体を癌から守る働きをする物質を作るための金型ともいえる遺伝子の異常が原因で発病してしまう病気だと言われています。
もし婦人科の血液検査で残念ながら卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が少なくて早発閉経(早期閉経)だと分かったら、不十分な女性ホルモンを足してあげる処置等で治せます。
急性中耳炎は、最もかかりやすい中耳炎で比較的子どもに多くみられる病気です。耐え難い耳痛や38度以上の高熱、酷い鼓膜の炎症、耳漏(じろう)などが出現します。
HIV、すなわちエイズウイルスを有している血液や精液のほか、腟分泌液、母乳、唾液などの様々な体液が、乳飲み子や交渉相手などの粘膜や傷口に接触すれば、感染の危険性が大きくなるのです。
季節病ともいわれる花粉症とは、森の杉や檜、ブタクサなどの草木の花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・鼻水などの不快なアレルギー症状を主訴とする病気だといえます。
消化器科の領域である急性腸炎は、大体において腹痛・吐き気・下痢の症状が出る位で済みますが、細菌感染が原因の場合はひどい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に高熱も出るのが特徴だといえます。
ストレスが蓄積していく構図や、便利で効果的なストレス対策法など、ストレスの深い知識を学んでいる人は、現時点ではさほど多くはありません。
年々患者数が増加しているうつ病では脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、不眠、気分の落ち込み、強い倦怠感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図などの辛い症状が出現します。
下腹部の疝痛をもたらす病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、女性特有の疾患など、様々な部位の病気がみられます。
耳の奥の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」に分けることができますが、中耳付近に黴菌やウィルスなどがうつって発赤等の炎症が起きたり、体液が滞留する病気を中耳炎と呼びます。