オキトキシン

暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、肉体的なストレス、老化といった多様な素因が混ざると、インスリン分泌が衰えたり、機能が鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。
触れ合うことで、人間が猫のことを愛おしいと感じることによってオキトキシンが分泌され、結果としてストレスの緩和や精神のヒーリングなどに繋がっています。
基礎代謝というものは人間が横たわっていても燃焼するエネルギーのことで、大半を体中の筋肉・最も大きな臓器である肝臓・大量の糖質を消費する脳が占めるということです。
結核への対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」に準拠しておこなわれてきましたが、半世紀が経過した2007年から他の数ある感染症とまとめて「感染症予防法」という法律に従って実行されることに決まりました。
不整脈である期外収縮の場合、健康体にも出ることがあるのでさほど珍しい心臓の病気ではないにせよ、発作が数回に渡って再三出るケースは危険な状態です。
肝臓をいつまでも元気に保持するためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が下がらないようにすること、要するに肝臓の老化対策を地道におこなうことが重要だと思われます。
グラスファイバー製のギプスは、非常に強靭で軽い上にとても持ちが良く、雨などで濡れても破損しないという長所があるため、今の日本のギプスの定番と言っても過言ではありません。
軽い捻挫だろうと決め込んでしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように患部を固定し、様子を見るのではなく、応急処置を済ませたらすぐに整形外科で診てもらうことが、早く快癒させる近道に繋がります。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、代わって、2012年9月1日からになり、集団接種ではなく病院などで注射するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変更されました。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間にあってクッションのような役割をする椎間板(ツイカンバン)という名前のやわらかい円形の線維軟骨が突出してしまった症状の事を表します。
年々患者数が増加しているうつ病では脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が足りず、不眠、憂うつ、なかなか抜けない倦怠感、食欲不振、体重の減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症になると自殺企図等の症状が見られます。
AEDというものは医療資格を持たない方でも利用できる医療機器で、本体からの音声ガイダンスに従って手当することで、心臓が細かく震える心室細動に対する絶大な治療効果をみせます。
スマートフォン使用時の強い光を抑えるレンズの付いた専用メガネが現在人気を集める訳は、疲れ目のケアに大勢の方々が四苦八苦しているからです。
アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を低下させたり変異を誘引する害のある物質を体の中で解毒し、肝臓の動作を促進するような役目が認められているのです。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、本人だけに聞こえるタイプの「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように本人に加えて他の人にも精度の高いマイクロホンを使用したりすると感じるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。