感染

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや煙草を吸う事・アルコール・肥満等のライフスタイルの乱れ、ストレス等によって、現在日本人に多く発病している疾患なのです。
AIDSというのはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染によって罹患するウイルス感染症の病名で、免疫不全を引き起こして些細な細菌などによる日和見感染や悪性新生物などを発病する症候群のことを総称しています。
脳卒中のクモ膜下出血は9割弱が脳動脈瘤と言われる脳の血管の不要な瘤(コブ)が裂けて脳内出血する事が原因となって発症してしまう脳の病気なのです。
人の耳の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別できますが、この中耳付近に様々なばい菌やウィルスなどが付いて炎症が発生したり、液体が溜まる病気が中耳炎というわけです。
脚気の症状としては、主に四肢が何も感じない麻痺状態になったり下肢の浮腫などが目立ち、進行してしまうと、あろうことか呼吸困難に至る心不全なども招く可能性があります。
万が一血液検査で現在卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値を下回っており早発閉経(Premature Ovarian Failure)と判明した場合は、少ない女性ホルモンを足す処置方法で改善が期待できます。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な施術ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス術(CABG)」という2つの治療法が高い確率でおこなわれています。
肝臓を健康な状態に保ち続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が下がらないようにすること、別言すると、肝臓のアンチエイジング対処法を地道におこなうことが効果的だと考えられます。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、身体の中の脂肪の蓄積している比重であって、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight)×100」というシンプルな数式で値を確認できます。
内臓脂肪が多いことによる肥満が確認され、脂質過多(ししつかた)、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖の中で2個か3個すべてに合致するような状態のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と言っています。
暴飲暴食、太り過ぎ、運動不足、遺伝、人間関係などのストレス、高齢化などの様々な誘因が集合すると、インスリンの分泌量が減ったり、機能が悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発症するといわれています。
常識で考えると骨折は起こさない位のごく小さな圧力でも、骨のある定まった部位だけに複数回繰り返し続けてかかってしまうことによって、骨折が起こってしまうことがあるので気を付けなければいけません。
現在の病院の手術室には、トイレや専用の器械室、準備室を併設し、オペ中に患者を撮影できるX線装置を置くか、そうでなければ近くにレントゲン撮影のための専門室を用意するのが常識だ。
歳を重ねることに縁る耳の聞こえにくさではゆっくりと聴力が低下するものの、普通は還暦くらいまでは聴力の衰えをなかなか自認できないのです。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や脳梗塞を始めとする多種多様な病気の原因となる可能性が高いといわれています。