季節性

男性だけにある内臓の前立腺はその成長や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても大きく関わっており、前立腺に現れてしまったがんも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の働きを受けて大きく成長します。
インフルエンザ(流行性感冒)に合った予防するための方法や医師による手当といった基本の対策そのものは、それが季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでもほぼ変わりません。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常が要因で出現する湿疹で、分泌が異常をきたす要因としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの乱れやビタミンBコンプレックスの不足等が挙げられます。
高血圧(hypertension)が長期間継続すると、全身の血管に強い負担となり、身体中至る所の様々な場所の血管に障害が起こって、合併症を起こすパーセンテージが高まると言われています。
メタボリックシンドロームとは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が多く付きやすい型式のよくない肥満を持ってしまうことによって、複数の生活習慣病を誘引しやすくなります。
うつ病というのは脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、気分の落ち込み、不眠、強い倦怠感、食欲低下、体重減少焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの深刻な症状が心身に現れます。
人間の体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに使われる糖質、細胞の生まれ変わりに必須のタンパク質など、度の過ぎたダイエットではこれらのような様々な活動を維持するために欠かすことのできない栄養素までもを減少させている。
もしも婦人科の血液検査で現時点での卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと判明した場合、少ない女性ホルモンを補填する処置等で治せます。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、2012年9月1日より原則無料の定期接種になることによって、病院などで注射してもらう個別接種の形になりますのでご注意ください。
めまいが確認できず、しつこく不快な耳鳴りと難聴の症状だけを何回も繰り返す症例を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という名前で診断する症例が多いそうです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目が覚めている状態で生命活動を維持する(心臓、鼻からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに必要な理論上の最低限のエネルギー消費量の事を指しているのです。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、色々なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれているエネルギーの代謝に必要となる回路に導入するために更に化学分解するのを支える働きもあると言われています。
通行中の衝突事故や建築現場での転落など、とても大きな負荷が身体にかかった場合は、複数の部位に骨折が起こってしまったり、開放骨折に至ったり、重症の場合は内臓破裂してしまうこともままあります。
食事をするときは、食べようと考えた物をなんとなく口に入れたら何度か噛んで飲み下すだけだが、その後も体はまことに律儀に働き続けて食物を体に取り入れるように努めているのだ。
クシャミや鼻水、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散る量に追従するかのように酷くなってしまうという性質があると言われています。