活動

30〜39才の間に更年期になったとしたら、医学的に表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病のことを指します(この国においては40才以下の女の人が閉経する症状のことを「早発閉経(POF)」と定義しています)。
生殖器である前立腺はその成長や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)が大きく関係していますが、前立腺に現れてしまったガンも同様、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの働きを受けて肥大化します。
もし血液検査で予想通りエストロゲンとゲスターゲンの量が足りなくて早期閉経だと判明したら、不足している分の女性ホルモンを補てんする処置で改善できます。
近年患者数が増加している花粉症とは、杉や檜などの木や草の花粉に誘発され、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気だということは、今や常識となりました。
通行中の衝突事故や作業現場での転落など、かなり強い力が体にかかった場合は、複数のポイントに骨折が発生してしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、酷い場合は内臓が破損することもあるのです。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、3〜4日くらいちゃんと薬を飲めば、普通、9割近くの人の自覚症状はゼロになりますが、さりとて食道の粘膜の発赤や炎症が治癒したとは言い切れないので留意してください。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(英:staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒のきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒力があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができます。
肥満の状態というのは大前提として食生活の内容や運動不足などが誘因ですが、内容量は変わらない食事だったとしても、短時間で終了する「早食い」を日常化することで体重過多に陥っている肥満(obesity)を招く恐れがあります。
必要な栄養を網羅した食生活や適切な運動は当然のことですが、心身両面の健康やビューティーのために、栄養を補うために様々な成分のサプリメントを服用する行為が一般的になってきていると言われています。
バイキンやウィルスなどの病気を連れてくる微生物、即ち病原体が口から肺へ進入して罹患してしまい、肺の内部が炎症反応を呈示している様を「肺炎」と言います。
お薬やアルコール、色々な食品の添加物等を酵素で分解し、無毒化する働きのことを解毒(げどく)と言い、肝臓の担う最も重要な活動のひとつなのです。
消化器科で診てもらう急性腸炎は、大多数が腹痛・吐き気・下痢を伴う位で済みますが、細菌感染が原因の場合は相当ひどい腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に高い発熱が特徴だといえます。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間にあってクッションのような役割を担っている椎間板という名のやわらかい線維軟骨がはみ出してしまった状態を指しています。
「いつも時間がない」「手間のかかる様々な付き合いが嫌でたまらない」「先端技術や情報の著しい進歩に付いていくのが大変だ」など、ストレスが溜まってしまう状況は十人十色です。
BMI(体重指数を算出する式はどこの国も共通ですが、値の評価は国家単位で違っており、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重、25以上は肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と定めています。