大音量スピーカー

ライブの開催される場内やクラブなどに設置されている大音量スピーカーの近くで大きな音を聞いて難聴になる症状を「ロック外傷」と呼んでいます。
通行中の衝突事故や高所からの転落事故など、大きな負荷が体にかかった場合は、複数箇所に骨折が発生したり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、重症の時は臓器が破裂することもままあります。
環状紅斑というものは輪状、要はまるい形状の赤みを帯びた発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、様々な皮膚疾患の総合的な病名であり、因子は全くもって多種多様だということができます。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無くなってしまった後に購入できて、同一の成分で負荷を抑制できる(薬の金額が高くない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
陰金田虫(インキンタムシ)は比較的若い男の人多く見られており、大抵の場合は股間の辺りだけに拡大し、身体を動かしたり、入浴後など全身が温まると強いかゆみを誘引します。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、約1週間服薬すれば、一般に90%近くの人の自覚症状は去りますが、とはいえ食道粘膜の発赤や炎症が快癒したわけではないので気を付けましょう。
現在の手術室には、便所や専用の器械室、手術準備室を備え付け、オペ中に撮影するためのX線装置を用意するか、そうでなければ近辺にレントゲン撮影用の専門室を併設するのが慣例である。
耳の内部構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに区別されますが、中耳の近くに様々な黴菌やウィルスなどが付いて炎症が誘発されたり、体液が滞留する病気を中耳炎と言うのです。
バイキンやウィルスなど病気を生む病原微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺へ入り込んで感染した結果、肺の内側が炎症を起こした様を「肺炎」と総称しています。
インフルエンザ(流行性感冒)に適応する予防対策や処置というような基礎的な対処策そのものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザであっても同じです。
寝姿を見ることなどで、当事者が猫をとても愛おしく思うとホルモンのオキトキシンが分泌されて、ストレス緩和や癒やしに結びつくのです。
今、若年層で感染症のひとつである結核の抵抗力を保有しない人々が増加していることや、早合点のせいで受診が遅れることが誘因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染の発生頻度が高くなっています。
体脂肪量に変化が見られず、体重が食物・飲料の摂取や排尿等で短時間で増減するケースでは、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少したら体脂肪率が高くなることがわかっています。
アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を悪くしたり突然変異を誘発する人体に害のある物質を体内で無毒化し、肝臓の能力をより良くする特長が認められているのです。
肥満(obesity)は当然摂取する食物の栄養バランスや運動不足が素因ですが、同量のごはんでも、短時間で食べ終わる「早食い」をすることによって脂肪過多に陥っている肥満を招きやすくなるようです。