信用格付機関

原則「銀行の経営の行く末は信頼によって大成功する、もしくは融資するほど値打ちがあるとは言えないと診断されてうまくいかなくなるかである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)

信用格付機関による格付けを使用するメリットは、読むだけでも時間のかかる財務資料の内容が理解できなくても評価された金融機関の財務に関する健全性が判断できる点にあって、ランキング表で2つ以上の金融機関同の健全性を比較することまでできる。

よく聞くコトバ、外貨MMFとは?⇒国内でも売買することができる外貨建て商品の一つ。外貨預金に比べると利回りがかなり高く、為替の変動によって発生する利益は非課税だという魅力がある。すぐに証券会社で購入しよう。

まさに世紀末の平成12年7月、大蔵省(現財務省)から金融制度の企画立案に係る事務をも統合し平成10年に誕生した金融監督庁を新組織、金融庁に再組織 した。翌年の2001年1月、金融庁に業務の大半を引き継ぎ、金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。

すでに日本国内においては、銀行などの金融機関は、広くグローバルな市場や取引など金融規制等の強化も視野に入れて、これまで以上の財務体質の強化、あるいは合併・統合等も組み入れた組織再編成などに積極的に取り組んできています。