ブラックボックス

然し一方で毎回ノーベル賞の発表を見るにつけ、どうしても拭えない疑問が幾つかあります。
1.ノーベル賞は本当に国際的な賞と言えるのか?

ノーベル賞は国際的に最も栄誉ある賞と認識されていますが、然しその選考は国際的公的機関が行っている訳ではありません。
また選考基準や選考過程もブラックボックスになっています。
従って、国際的に権威ある賞という割には、何がどうなって決まったのか浮気調査 新潟(若しくは選考から漏れたのか)が判らないという不思議な状況になっています。
2.分野に偏りが有り過ぎないか?
ノーベル賞には、今回山中教授が受賞した「医学・生理学賞」の他、「物理学賞」「化学賞」「文学賞」「平和賞」「経済学賞」の6分野しかありません。 学問には他にも多くの分野がありますが、例えば理科系では「数学賞」もなく、文科系では「音楽賞」もありませんので、現状の6分野以外で活躍してもノーベル賞を受賞するチャンスはありません(理科系は最近では各分野の垣根が曖昧になりつつはありますが)。