価格も上げたうえに

もうここまで来たら、お客さまが煙草を買ったら抗議するとか、他人が煙草を吸っていたら注意するとかまでやっちゃってほしい。優秀な営業マンなら市場環境がちょっとくらい悪くても売れるはず。むしろ市場環境を悪化させて、そこでも売れる営業マンを鍛える方が全体の能力アップっていう意味では効果あるかもしれません。

いっそのことですね、価格も上げたうえに、たばこが嫌われる最大と思われる要因のニコチンとタールについて、ライトとかを止めて、昔のセブンスターとかピースとかの「ニコチン・タールは1本で今のライト1箱と同じ」っていうレベルの重い煙草だけにして、さらにそれに今の倍くらいの値段を付けてもいけるんじゃないかと言う気がします。製品が悪くても、価格で負けていても、それでも売れる営業がいれば無敵ですよ。ぜひそこまで突き詰めて頂きたい。

はい、まぁいないと思いますけど、騙されてくれた方がいらっしゃったらごめんなさい。「これ、JTだったら凄っげ~な」と思ったので、妄想で書いてしまいました。もしも、もしも信じて下さった方がいらっしゃったらぜひお知らせください。良い投資話があるんですよ。契約牧場で和牛を育てるのに出資するってヤツなんですけどね…