料金体系

夫の様子が普段と違うとなれば、浮気している表れです。

常に「仕事に行きたくないなあ」と言っていたにもかかわらず、ルンルン気分で仕事へ行くようになったら、まず浮気だと思っていいでしょう。
実のところ、探偵社、探偵事務所などの料金設定の仕組みは、横並びの基準などがないうえ、それぞれオリジナルの費用・料金体系によるものなので、なおのことわかりにくいのです。

持っている財産や給料、不倫や浮気を続けていたその年月なんて条件で、主張できる慰謝料の請求額が高い場合や安い場合があると考えている方がいますが、本当はそんなことは全然ないのです。かなりの割合で、慰謝料の額は大体300万円でしょう。

夫婦が離婚した場合、その後3年たつと、通常であれば慰謝料を要求することは不可能です。だから、万一離婚後3年ぎりぎりだったら、とにかく大急ぎで弁護士事務所に依頼していただくことが大切です。

違法行為の慰謝料など損害請求については、3年間で時効が成立することが民法の規定によって定められているのが事実です。不倫がわかったら、迅速に専門の弁護士を訪ねれば、時効によって消滅してしまう問題は起きないのです。