大学進学する

代表的イメージはハンカチ王子。  
それで、プロで億単位の金を稼ぐことが最終目標じゃなくなってる。

今年の興南の優勝投手も大学進学するし、去年の松坂以来の新人菊地雄星も、 「引退後を考えて」って通信制大学に入って教員免許をとろうとしてる。僕らから上の世代から見たら「プロに入ったのに最初から逃げ道用意してどうすんだ、 そんなんだから未だに二軍なんだ」って思うんですが。
それで、学歴的には中高一貫私立行くのが勝ち組なんだけど、プロテイン 子供地元コミュニティから切り離されちゃうから、地元カーストだと最下位になっちゃうんですよね。 地元の公立小のうち半分くらいは中高受験の様な高級住宅街ならともかく。だから「地元」というものを持たない根なし草になる。これって、国際人として最も 重要な「母国へのアイデンティティ」の根源が崩壊してる訳ですが。  それで、中高一貫行って、東大早慶入って、大企業ってのが果たして幸せなのかって言う。
学歴年収的にはまだまだ勝ち組なんでしょうが、食生活と 睡眠生活と性生活においては明らかに貧しいですよね。全然人間らしい生活をさせてもらってない。