先進国最低です。

戦前の一時期の満州鉄道に類似しています。
満州鉄道も 当時は 東大等々の最優秀な学生が入社しました。 30年前は 世界中のどこでも 
「Made In Japan」が 電気製品売り場の半分以上を占有していました。 ですが 今や それは サムソンです。全ての日本の電気製品企業は 完全に サムソンに敗北しました。 日立は 今や サムソンの時価総額の十分の一以下です。
それでも 愚鈍な日本の政治家 官僚たちは サムソンの勝因分析をせずに 対抗策の検討すらできていません。ほんとに 愚かです。 先進国最低です。日本の政治家 官僚のモラルは。 サムソンの成功は 実は 明治維新の産業振興策にあります。
明治維新の産業振興は 実は 伊藤博文と井上馨 早稲田の創立者 大隈重信の3人が中心にして 東洋最強の産業育成に成功しました。 サムソンの創業者李氏は 実は この明治維新の成功を殆ど真似ています。恐ろしいほど よく勉強しています。 ただ 大きな違いがあります。それは 明治維新の元勲たちは 帝国主義 軍事侵略を 製品販売ルートにしょうとしましたが サムソンは 弱小国家 韓国の企業だったので 「価格競争力による 世界市場の占有」を目指しました。