商品の多様化

西欧文明社会では、 ムダ毛処理の美的感覚やマナーが陰毛除去にまで及びやすいとされるが、日本においてはそこまでの無毛化の肯定感覚(自然的な身体性の否定)は

未だ一般的に 受け入れられてはいない。 『文明の進歩・文化の発達』が、『個人のイマジネーションや興味関心の拡大とその市場化・商品の多様化』を引き起こして『動物的・本能的な特徴・ 欲望』を好ましくないものとして押さえ込んでいく図式は、現代の日本や欧米の社会・男女関係にはある程度当てはまっているところもあるが、少子化・草食 化・潔癖化(無菌志向)がいわれる現代では生物学的本能も経済活動や美的感覚(作られた美の基準含め)、女性原理の関数になってしまいやすいのだろうか。

教師の体罰禁止を逆手にとる『生徒の挑発行為』にどう対応するか?
学校教育の現場以外でも、自分から因縁をつけて距離を詰めて凄んでくるチンピラが、少し肩がぶつかったり手を掴まれたりしただけで、『あ~痛い痛い、お 前、暴力を振るったな。腕が上がらなくなった、骨が折れたかもしれない、どうしてくれるんだよ(間接的に慰謝料・治療費を請求する)』と自分が極端な弱者 (被害者)であるかのように大げさな反応をして、『常識人の側の加害者性(違法性)』を強調しようとする古典的な絡み方がある。