Monthly Archives: 7月 2014

  • 30年前の話

    後に私がそこの業務の一番上になってから、実は例の先輩が仕事出来ないのも、 私が色々やらせられてたのも知っていたけど、 … Keep reading
  • 経済的な自由

    防衛庁を防衛 省に格上げして省としての規模を拡大するというのも、小さな政府に逆行する政治判断であり、構造改革を骨抜きにする最たるものであろう … Keep reading
  • 事実を認めると認識

    中韓共に国としての体をなしていないわけで、国内の問題に目を背けて外に目を向けることで、存在を確立しているわけで、エア歴史問題の類は絶対に解決はしません。 … Keep reading
  • 後ろ指さされても

    子どもの不幸というのは、理解力のない親であって、自分のエゴで動く親でしかないです。 仕事でも一緒。部下を理解しようとしない上司で働くのが不幸であるのと一緒です。 … Keep reading
  • 歴史的に見ても

    考えると、高度資本主義社会における民主政の根本は、『税と資源の再分配』ですから、ロジックとかエート スとかプラグマティズムと相容れない思想は歓迎されないってことでしょう。 … Keep reading
  • 実務能力

    私鉄が潰れれば全体から見て大きな損失だと思います。 ことは鉄道のみならずであります。 … Keep reading
  • 無限のモノ

    豊臣秀吉の面白いエピソードとして、彼は日本人の土地への執着心こそが争いと不和の原因であると考え、家臣の武将の欲望や関心を土地からモノ(茶の湯の茶器を代表とする美術工芸品)に移そうと尽力したといいます。 … Keep reading
  • 同盟国からの要請

    要点は安保理への報告が必要、攻撃を受けた国が第三国に対して援助要請をすることが、国際慣習法上必要とされるといったことから … Keep reading