状況というのを知りつつ

今の状況は冷温停止状態にして発電だけしないで、リスクを抱えたまま、無駄な化石燃料を輸入して再生可能エネルギーの固定買取制度などで、

本来不 要であるコストを最終的には電力会社や消費者が無駄金を払って、資源国やレントシーキングで利益を得たい人たちに資金を貢いでるわけです。
このことを通じて、再稼働を反対することに何の意味があるのかというのを考える必要があります。
かといって、この状況というのを知りつつ、ただ原発再稼働させればいいとかいう考えを持つ人もいるのも事実で、それはそれで問題なのも事実なわけです。 脱原発のためには、安定的なエネルギー源に対する先行投資と、既存のエネルギー源の効率化などを行い、現実的な原発以外の安定的なエネルギー構成 を作り出し、原発が非効率であるような構造を作り出す必要があるのと同時に、原発の廃炉や使用済み核燃料の処理などの投資が必要なわけです。 それと事故に遭われた人たちへの救済スキームも必要でしょう。
再生可能エネルギーの投資も必要だけど、あくまで補助エネルギーでしかなく、それが主役にはなり得ない存在であるのも事実です。