実務能力

私鉄が潰れれば全体から見て大きな損失だと思います。 ことは鉄道のみならずであります。 三権分立といいますが、そしてそれは妥当だと思いますが、三権が分立し、司法が極悪であるよりは、行政と司法を清廉なる同一人物が担うほうがまだマシであると思います。

三権の中で、「無試験」なのは立法のみです。
私は試験を信頼し、選挙を信頼しないので、試験を通過した者が実権を担うほうがよいと思っています。

官僚が腐敗していると言いますが、むしろその腐敗は隠蔽されるべきだと思います。なぜなら、国民の官僚に対する怨嗟の声は、結局のところ「引きず りおろし」にすぎず、生産性がまるでないからです。
どこかに豪華なリゾートホテルみたいなものを建てていることに怨嗟の声を上げているようではどうにもなりません。

しかし、民主主義を言いながら、社員の投票でものごとが決まる会社って聞きませんね。
私はそのことのほうが問題だと思います。

官僚は学歴エリートであることはまあ疑いないのでしょうが、それと実務との関連はいかがなものであろうか。しかし私は彼らの実務能力は相対的に高いと思います。